無職で借りれるフリーローンってないですよね?

フリーローンの利用条件は、金融機関ごとに「満20歳以上満61歳未満」「安定かつ継続した収入の見込める人」「保証会社の保証を受けられる人」となっているケースが多いです。
そのため、無職でフリーローンを利用するのは難しいです。
無職でも借りられる金融機関があったとしたら、非常に金利が高い、悪質な取立てを行っているなどがあるかもしれませんので、むしろ「貸してくれる金融機関には近寄らないほうが良い」でしょう。
収入がゼロの状態で、お金を借りてしまうと、「返済をどうするのか?」無職の間は、できるだけフリーローンの利用は考えないのが良いでしょう。
無職の方は、フリーローンの利用を考えるよりも、まず「なぜお金が足りないのか?」就職のためにお金がかかるなら、社会福祉協議会などで相談をすれば、そのための融資制度が利用できます。
また、ハローワークでは職業訓練を行っていますので、職業訓練生として生活の基盤を作るという方法もあります。
フリーローンは「利用申込みをするなら、審査はできるだけ通過したほうが良い」と言えます。
また、利用申込書に虚偽の記載(無職なのに、勤務先があるかのような記載、など)をして、ばれた場合には、利用を断られること、融資を打ち切られることなど、今より悪い状態になってしまう可能性もあります。